2017年度 研究実績

原著論文

・榊原愛,中河亜希,佐藤珠美: NICUに入院している新生児の理解を深めるための教育方法の検討 未熟児モデルを使用したディベロップメンタルケアの演習を取り入れて. 佐賀母性衛生学会雑誌. 2017, 20(1). 8-10.

・中野理佳, 大越 千恵, 富崎 祥子, 中河 亜希, 榊原 愛,佐藤 珠美:分娩期実習ガイドを兼ねた分娩介助評価表の開発と試行. 佐賀母性衛生学会雑誌. 2017, 20(1),11-18.

・佐藤珠美, エレーラ C .ルルデス R. ,  中河 亜希, 榊原 愛,  大橋 一友:産後女性の手や手首の痛みと関連要因. 日本助産学会誌 .2017, 31(1), 63-70.

学会発表

・Tamami Satoh, Aki Nakagawa, Ai Sakakibara, Lourdes RosarioHerreraCadillo, Akira Kimoto: Use of breastfeeding pillows to change upper-limb muscle activity: Making a reducing in the upper-limb muscle burden of breastfeeding mothers. 2017, 31st ICM Triennial Congress Final programme, 157.

・Lourdes Rosario Herrera Cadillo, Tamami Satoh, Aki Nakagawa, Ai Sakakibara, Tamie Honda: Help seeking for hand and wrist pain during infant care: implications for Midwifery care. 2017, 1st ICM Triennial Congress Final programme, 152.

・寺野 幸子,中河 亜希, 榊原 愛, 中牟田 静子, 佐藤 珠美:産後の母親と父親のニーズに対応したサービスを考える.佐賀母性衛生学会雑誌. 2017, 20(1),36-37.

・榊原 愛,中河 亜希, 佐藤 珠美, 石橋 美咲, 黒岩 弘子, 古川 梢, 諸岡 真由美:母性看護実習における学生の主体性と学びを深めるための事前学習内容の検討.佐賀母性衛生学会雑誌. 2017, 20(1), 37-38.

・橋本真貴子, 佐藤珠美:外国人女性の日本における妊娠出産育児体験 負の感情の要因と対策に関する文献レビュー. 母性衛生. 58(3), 175.

・富崎祥子, 中野理佳, 佐藤珠美: 助産師学生の分娩介助技術の習得を困難にする要因と対策についての文献レビュー. 母性衛生. 58(3),  207.

・中野理佳, 中河亜希, 榊原愛, 佐藤珠美: 育児動作に伴う手と手首の痛みとQOLへの影響 産後早期と産後2ヵ月の縦断調査から. 母性衛生. 2017, 58(3),233.

・大坪美由紀, 鈴木智惠子, 佐藤珠美: 北部九州3県における保育所看護師の保健活動の自信とその影響する要因. 日本看護科学学会学術集会講演集 37回 , 2017, O19-5.

TOPへ